2010年12月03日

T.ZONE陥落 T.ZONE陥落 T.ZONE陥落

11月29日で秋葉原のT-ZONEが店じまいをしたそうだ。

初めて自作をするときにパーツをそろえたのは今はなき俺コン。2代目のパソコンを自作するときにはT-ZONEで店員さんに付き添ってもらってパーツをそろえていった。実はこのときパーツの相性でBIOSも起動しない、というトラブルに見舞われたのだがその際のお店のサポートがすばらしかったのを覚えている。

T-ZONEミナミの頃は、UNCOという台湾製MP3プレイヤーを売ったり、アラビア語や中国語のキーボードや海外版のOSまでそろえていたり、と非常に面白い店だった。当時は中国語で文章を作る機会も多かったので印象に残っている。思い入れのあった店だけになくなってしまうのは残念だ。

とはいえ、T-ZONEで買うことが少なくなっていたのも事実だ。店員さんのレベルは高いものの品揃えはソフマップやツクモに一歩譲るところも多い。

価格も特別魅力的とは言いがたいし、最近はパーツを買うときも通販を利用することが増えていた。それでもこうしたマニア向けの店がなくなってしまうのはつらい。

そういえば、ソフマップやツクモもオーナーが変わったりしているんだよね。

秋葉原はもうパソコンの街ではないのだなぁ、と改めて思い知らされた。
posted by のら at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月01日

AMDの6コアで自作した


最近自作したので構成を晒す。

Pentium 4 520の後継で組んだ。

【CPU】AMD PhenomII X6 1055T ¥21,500
【CPUクーラー】リテールクーラー
【M/B】本命 ASUS M4A88TD-V EVO/USB3 ¥13,027
【メモリ】crucial CT2KIT25664BA1339 (DDR3 PC3-10600 2GB 2枚組)
【VGA】オンボード
SSD】キングストン SSDNow V+ series SNVP325-S2/64GB
【HDD1】HITACHI HDT725040VLAT80 400GB (IDEデータ用・流用)
【HDD2】HDS722525VLSA80 240GB (SATAデータ用・流用)
【光学ドライブ】LITEON iHES208
【電源】HEC WIN+ 700W HEC-700TE-2WX ¥9,880
【ケース】AOpen HX08(流用・一部改造)
【キーボード】流用(IBMスペースセイバー2キーボード)
【マウス】流用(IBMスペースセイバー2キーボード)
【その他】corega CG-USBKMSV2 PS/2-USB変換ケーブル
【ディスプレイ】GATEWAY 2485WJ 流用

【合計金額】約80,000円
【購入場所】秋葉原で店頭購入 (ツクモ)

最近は、Gigabyte以外はFDDのインターフェースってないものが多いんだね。購入して組んでいるときに始めてFDDのインターフェースがないことに気がついた。ホントは付けるつもりだったんだけど、年に数回しか使わないからなくってもいいか。。。
posted by のら at 01:08| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月25日

オンボードサウンドよりひどいサウンドカードってどうよ。

あまったCREATIVEのサウンドカード、Audigy LSというのがある。

余らせておいてもしょうがないので、GA-MA790GP-UD4Hのマザーに取り付けてみた。

う〜〜〜ん?昔はまあまあだと思っていた大人のだが、GA-MA790GP-UD4Hのオンボードサウンド、Realtek ALC 889Aのいい音に感じる。

というか、好みの音。Realtek ALC 889Aのほうが柔らかみがあるように感じられるのだ。

CREATIVEのAudigy LSの音はなんか硬質な音で聴いていると疲れてくるような感じがある。まぁ、ONKYOSE-90PCIなんかのほうがさらに柔らかくて好きな音なのだが。

さらに、Audigy LSは処理の多くをソフトウエアで行っているため、なんとオンボードサウンドのRealtek ALC 889AよりもCPU(Phenom2 720BE)の負荷が上がってしまった。CPU負荷が上がったときなどはRealtek ALC 889A同様、ソフトウエア処理なのでノイズが入ったりする。

さすがにコレではオンボードサウンド以下に感じたので、CREATIVE Audigy LSは売却することにした。

まぁ、7年前のエントリクラスのサウンドカードだったらこんなもんなのか。
posted by のら at 00:21| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月07日

スリムタワーの自作(Phenom2 720BE、GIGABYTE GA-MA785GPMT-UD2H)

スリムタワーを組んだので構成を記録

【CPU】 Phenom X3 720 Black Edition(AMD、Deneb、2.8GHz、L2 512KB×3,L3 6MB) ¥10,980
【CPUファン】 リテール
【メモリ】 2GB×2、DDR3-1333 ¥8,980
【M/B】 GIGABYTE GA-MA785GPMT-UD2H(M-ATX)¥10,980
【VGA】 オンボード RADEON HD 4200
【Sound】 オンボード ALC889A/8ch
【HDD1】 起動ドライブ 流用
【HDD2】 データドライブ 流用
【光学ドライブ】Lite-on HOS104-06 ¥6,980
【OS】Windows 7 pro
【ケース】 ANTEC NSK1480 シルバー ¥12,980
【電源】 ANTEC MT-350 HT(ケース付属)
【Keyboard】流用、接続方式(PS2)  IBM SpaceSaver2 流用 USBに変換して接続
【Mouse】流用、接続方式(PS2)  IBM SpaceSaver2 流用 USBに変換して接続
【モニタ】三菱 RDT179S 流用
posted by のら at 17:03| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月20日

ヘッドフォン少女画報

新・萌えるヘッドホン読本」の続編的な本。

ほぼ同じ評価の方法をしているので、前作になじんでいる人にはわかりやすい。

私も、個別のヘッドフォンのレビューは今までも見てきたけど、たくさん並べて違いをレビューしたものって見たことがなかったので新鮮でした。

前作よりもより絵師と絵を前面に押し出したつくりになっています。

一般的な製品は前作である程度やってしまったので新鮮味はちょっと減ってしまったかも。その分、骨伝導のヘッドフォン(AUDIO BONE AQUA)とか、よりマニアックな製品が増えた気がします


ヘッドフォン少女画報

学習研究社
売り上げランキング: 2860
おすすめ度の平均: 3.5
3 問題は・・・・
5 ビジュアルに拘った今作
4 多岐にわたるヘッドホンレビュー
3 機器のレビューよりも、画集の要素にもっと傾倒すべきと思う
3 ヘッドホンのラインナップがイマイチ

posted by のら at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

Phenom2 720BEでK10stat

Phenom II 720 Black EditionでK10statを使って、低電圧化とオーバークロックに挑戦してみた(ちなみに、全てクアッドコア化)。

続きを読む
posted by のら at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

Cool'n'Quietをオンにしてノイズを消す方法

掲示板などで確認していたところ、GIGABYTEのM/BユティリティEASY TUNE6が悪さをしてるらしい。ET6使用時のノイズはDPC Latencyが増えるのが問題だそうだ(正直????。
で、ET6をWindowsの起動時に常駐させないように設定する(タスクトレイに出さない)。EASY SAVERはオンにしても良いが、「Dynamic Voltage Dynamic Frequency」はオフにしておく。

この設定だと、Cool'n'Quietをオンにしてもノイズがほとんど気にならないレベルになる。もちろんCool'n'Quietでクロック数を落としているので、極まれに「あ、今、ノイズが入った」「微妙に音楽の再生がずれた」と言うことはあることはある。しかし、聞くに堪えないほどではない。

1.Cool'n'Quietをオフ。フルパワーで運用するとさらにノイズのレベルは低減する。というか、ほとんど分からない。ただし、CPUはアイドル時でも常時65w程度消費。

2.Cool'n'Quietをオンにする。CPUの消費電力はアイドル時最低で16Wくらいまで絞れるがまれにノイズが乗る。

この選択は好みで選んで良いのではないだろうか。

ちなみに、当面は2.で使ってみようと思っている。納得がいかなければ1.に戻す。ちなみに、クアッドコア化しての運用。

追記:その後、やはり多少とは言えノイズが気になるのでCool'n'Quietをオフにすることにした。
posted by のら at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

GA-MA790GP-UD4Hのノイズ対策実験結果

GA-MA790GP-UD4Hノイズ対策実験結果

1.CPUファンコントロールBIOSでDisableに(常にフル回転)
ファンが速度を帰る際にノイズを拾っているかも知れない、という疑惑から実行。→解決せず。

新たに確認したこと。
サウンドボードからアナログ出力しても、光デジタルで出力してもノイズは乗る。
つまり、オンボードのチップのD/A変換やスピーカのD/A変換に問題があるわけではない。→ここからは推測なのだが、D/A変換のさらに上流に問題があるとしたら、オンボードのサウンドに変えても問題が解決しない可能性がある。

2.PCI Latency Timer(CLK)をデフォルト32から128に変更。
効果なし。デフォルト32に戻す。

3.サウンドドライバの設定をいじってみる。
特に設定すべき箇所が見あたらない。

4.Cool'n'Quietを切ってみる。
若干減った気もするが、劇的な効果はなし。

5.Cool'n'Quietを切ってみる。さらに、GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERを切ってみる。→ノイズが消える。
ちなみに、EASY ENERGY SAVERはマザーボードの電力をカットするユティリティ。
EASY ENERGY SAVERのスイッチをオン、かつ、 EASY ENERGY SAVERのDynamic Frequencyをオンでノイズが入ることを突き止める。

6.Cool'n'Quietオフ、EASY ENERGY SAVERオン、EASY ENERGY SAVER Dynamic Frequencyをオフ。→ノイズなし。

7.Cool'n'Quietをオン。GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERをオン(Dynamic Frequencyはオフ)。→ノイズが入る。

8.Cool'n'Quietをオン。GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERをオフ。→ノイズが入る。7.より多少まし、って程度。

要は、EASY ENERGY SAVERにしても、Cool'n'QuietにしてもCPUのクロック(または電圧)を変えた際に、ノイズを拾うようだ。アナログで出力すると若干減るようにも感じるが多分、他のノイズも拾っていて今回問題しているプチノイズが目立たなくなっているだけのように思う。

というわけで、ノイズ対策の結論は出た。
6.Cool'n'Quietオフ、EASY ENERGY SAVERオン、EASY ENERGY SAVER Dynamic Frequencyをオフ。で当面運用してみようと思う。

効果絶大な、Cool'n'Quiett諦めるのは非常に惜しいのだが。。。
posted by のら at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月01日

GA-MA790GP-UD4HのオンボードサウンドRealtek ALC889Aのプチノイズがひどい

GA-MA790GP-UD4Hなのだが、時計が遅れる。まぁ、これはいい。時刻の同期のタイミングを短く設定すれば対応できる問題だ。

問題はmp3などの音楽の再生。や動画再生。

ノイズが乗りまくる。MP3の再生にもたつくことがある。ちなみに、光デジタルで接続している。

4分の曲が4分3秒くらいかかって再生される。CBRでエンコードしてある曲は比較的軽症。VBRでエンコードしてある曲が重傷な傾向があるようだ。またビットレートが高いほうがノイズがひどい傾向があるようだ。

参った。

一度気になりだすと、耳がノイズを探してしまうのだ。

で、また情報にあたってみる。
続きを読む
posted by のら at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月30日

PhenomII 720BEをクアッドコア化してオーバークロックしてシバいてみた

PhenomII 720BEを条件を変えてまたシバいてみた。

驚いたことに、全ての条件でユティリティから確認するとCPUの温度はだいたいシバきで48度程度。つまり、トリプルコアとクアッドコア化したときでほとんど差がないのだ。さらに、CPUの消費電力もアイドルだと45w〜65w程度。シバきで88wとコレもトリプルコアと大差がない。

クアッドコア化は全ての条件で共通して行っている。全てリテールファン。ただし、電圧を盛るカツ入れは怖いのでやらず。ベースクロックと倍率の変更でいろいろ弄ってみる。


続きを読む
posted by のら at 02:18| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

GA-MA790GP-UD4HのBIOSがアップデート

GA-MA790GP-UD4HBIOSがアップデートされていた。

検索すると2009年4月30日にアップされたF2だと、Phenom2 720 Black Editionのクアッドコア化ができるらしい。しかも、MEMORYもGANGED MODEで利用できるらしい。しかもコールドブートの際にも電源断をしたり、スイッチを押した直後にリセットを押す必要もないそうだ。

というわけで、情報に従ってやってみた。

まずは、念のため古いBIOSをバックアップ。回収できるうちに他のバージョンのBIOSもダウンロードしておく。

EC Firmware Selectionという設定項目をHybridに設定。ACC Disable→Autoで4コア化。

たしかに、クアッドコア化できた。

が、動作がものすごく不安定。とても常用はできない。

トリプルコアだとまとにも動く。掲示板などで仕入れた情報だとサウンドのノイズが減る、という情報を得たのだが目立った効果はなかった。

OSはとりあえず立ち上がるのだが、放っておいても気がつくと止まっていたり、リセットがかかったりする。

というわけで、元に戻した。
posted by のら at 00:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月25日

GA-MA790GP-UD4HとPhenomII720BEのシバき

GA-MA790GP-UD4HPhenomII720BEをシバいてみた。

トリプルコア、Cool'n'Quietをきった状態でシバくとCPUは最高で48度程度、CPUの消費電力は83Wくらい(ほぼ83Wでたまに65Wに落ちる)。アイドルだとCPU36度弱、65W〜45W、というところ(室温27度での測定)。

TDPは仕様では95Wだからまあ、良い具合だろう。というか、TDP95wは余裕をみている数字に感じる。

ちなみに、Cool'n'Quietを入れていてアイドルだとCPUは室温+3度、消費電力は18W程度。こりゃスゴい。



posted by のら at 01:46| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月22日

Phenome2は倍率を定格外運用だとCool'n Quietが働かない

今日になって気がついたのだが、Phenome2 720BEで倍率を定格以外で運用すると、Cool'n Quietが効かない。

う〜〜〜ん、3.1Ghzくらいだったら余裕で動いてくれる分惜しい。

ちなみに、ベースクロックを動かす場合はCool'n Quiet2も効いてくる。

というわけで、ベースクロックを200Mhz→205Mhzで運用しているところ。
posted by のら at 02:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月11日

3.5インチHDD(IDE)の39番のピンを折ってしまった!

40GBだから、今さら一生懸命修理する気はないのだが出来れば使いたい。

ココ(39番)を折った

::::::::::':::::::::

続きを読む
posted by のら at 23:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

GA-MA790GP-UD4HとPhenom 2 720BEの組み合わせのクアッドコア化についての追記

JETWAYのマザーだとSmart Power LEDを無効にするとクアッドコア化しても(電源を抜かずに)コールドブートするという書き込みがあった。

試してみたのだがSmart Power LEDと言う項目自体がGIGABYTEのマザーでは見つからない。

で、メモリーとノースブリッジの電圧を上げるとクアッドコア化してもやはりダメ。というか、あまりにあげすぎるのは怖くて出来ない。

というわけで、やはり電源を抜かずにコールドブートを成功させるのは難しいようだ。

まぁ、手元にスイッチを持ってきて電源を抜いたのと同じ状態は作れるように構築したので良いと言えばいいのだが。。。。

まぁ、当面は安定運用しているトリプルコア・定格で運用する予定だしまあいいか。
posted by のら at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月23日

再度クロックアップと、クアッドコア化に挑戦

再度クロックアップと、クアッドコア化に挑戦した。

クアッドコアで動作させるにはBIOSを起動した後、Ctrl+F1でBIOSの隠しメニューを出してACC(Advanced Clock Calibration)をDisalbeからAutoなどに変更する。機能を殺されていた最後のコアが復活する。

で、ついでに、CPU Clock Ratio(倍率)を15.5倍、3.1Ghzまであげてみた。

動作自体は問題ない。

安定している。

ただし、トリプルコア、定格の2.8Ghzで動作させるときは温度が34℃程度なのだが、クアッドコア化して3.1Ghzで動作させると40℃程度になる。

現状での体感の速度は大差がないため、当面は定格で利用する予定。

パワー不足を感じたてきたときにでも再度クアッドコア化とクロックアップで乗り切りたい。
posted by のら at 16:57| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月22日

GA-MA790GP-UD4Hと720BEの組み合わせで、オーバークロックとか、クアッドコア化とかやってみた

GA-MA790GP-UD4Hと720BEの組み合わせで、オーバークロックとか、クアッドコア化とかやってみた。

まず、このCPUはPhenom 2 720 Black Edition。Black EditionだからCPUの動作倍率の変更ができるはず。

定格電圧(1.325V)ではx16.5= 3300MHz
定格+0.100V(=1.425V)ではx17.5= 3500MHz
くらいまではイけるらしい。

ただし3000MHzを超えると消費電力も跳ね上がるそうだ。

が、この設定を勘違いしていて結局実験できず。

×200Mhzで計算するのね。

勘違いしていて×100Mhzで計算して失敗していた。×28とかやっていて起動しないなぁ、と思い、オーバークロックを断念。

本当は2800Mhzで動作させたいのだったら、×14でやらないとイけない。

結局、やり方が分からなかったのでベースクロックを2OO→214。動作クロックを3000Mhz
(3Ghz)で動作させてみた。

で、ついでにクアッドコア化!

今のところ問題なく動いている。

折角ブラックエディションを買ったのだから次は動作倍率を弄ってオーバークロックにチャレンジしてみたい。

関連エントリ
【CPU】【レビュー】Phenom II X3 720 Black Edition BOX 『AMD派待望の遊べるCPU、720BEの詳細検証』
http://blog-pcparts.coneco.net/one/coneco44383_5686.html
posted by のら at 00:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月14日

NSK4480のうえにキューブPCでも置いてみようかと思いついた

NSK4480のうえにキューブPCでも置いてみようかとふと思いついた。

置くのはサブのPC。まぁ、サーバー用途とか、マシンパワーの必要ないことに使う。

で、大きさを測ってみた。

NSK4480の幅が198mm、奥行きが419mm。出来ればここにすっぽり乗るのが望ましい。

で、問題は高さだ。高さが215mm。コレを超えると、机と干渉してしまう。つまり、高さが215mm未満。幅は200mm程度。奥行きは420mm。

で、該当するようなケースやキューブを探してみた。

SilverStone SST-SG05B
Mini-ITX
222 mm (幅) x 176 mm (高) x 276 mm (奥行き)
¥16,000
う〜〜〜ん、なんとか合格。



Shuttle XPC SN78SH7
ベアボーン
AMD Socket AM2
GeForce 8200なのでオンボードVGA
208(幅) x 325(奥行き) x 189(高さ)
¥36,980
Phenom IIが使える(はず)
【送料無料】SN78SH7 Shuttle SN78SH7 PhenomX4 対応モデル SN78SH7


Shuttle XPC SG31G2
¥25,800
300(L) x 200(W) x 185(H) mm
LGA775
Pentium Dual-Coreと安いビデオカードと併せて安価に組むか。。。
【送料無料】Shuttle SG31G2 (G31+ICH7 S775/C2D対応/250W/ブラック/CUBE)


NSK1480とか性能面では良いと思うのだけど、置けないし。。。。
【お取り寄せ】【送料無料】[ANTEC]NSK1480


ベアボーンなら少しの妥協と出費を我慢すればなんとか設置できるPCが作れそう。
posted by のら at 23:19| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月12日

ABITのRAIDボード、HOTROD100が変?

ABITRAIDボード、HOTROD100がどうも挙動不審だ。

大量の読み書きを数時間継続して行うと、突然HDDが読めなくなる症状が発生する。

これで3週間程度の期間で2回発生したことになる。

しかも、一度発生すると、HOTROD100に接続した状態ではHDDのフォーマットも出来なくなってしまう。

しょうがないので、他のマザーボードのインターフェースやUSB外付けHDDケースに付けてフォーマットすると何もなかったかのようにフォーマットが完了。問題なく使用できる。

ちょっと、頻繁に発生しすぎなのでこのHOTROD100は引退させることにした。

で、かわりに再デビューするのが、BUFFALOのIFC-AT100。

で、こいつはこいつでちょっと問題がある。セカンダリーに繋いだSV1204Hがコールドブートさせると見えない(これはHOTROD100も同じ)。HOTROD100はRAIDボードのBIOSからは見えなかったのだがWindowsからは見えていた。

しかし、IFC-AT100はBIOSから見えないものはWindowsから見えない。再起動を掛けたり、リセットボタンを押すと、BIOSからもWindowsからも見える。

しょうがないので、SV1204HはUSBの外付けHDDとして利用することにした。
posted by のら at 21:16| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月11日

NASの相談を受けた

友人からNASの相談を受けた。

どんなのが良いか。

一応候補として3つあげてやった。

続きを読む
posted by のら at 01:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月30日

3DMarkが動かない

3DMark05、3DMark06がうまく起動しない。起動途中で止まってしまい、そのまま画面がとまってしまう。

どうやら、ATIのRADEONとは相性が悪いらしい。起動オプションを付けてC:\Program Files\Futuremark\3DMark 06\3DMark06.exe\" -nosysteminfoまたは、\" C:\Program Files\Futuremark\3DMark 06\3DMark06.exe -nosysteminfo\"とすると、起動できることが多いらしい。ちなみにexeと-の間にはスペースを入れる。
posted by のら at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月28日

PhenomX4の自作その後

Phenom X4の自作その後

PhenomX4で自作をしたのだが、どうも安定しない。Memtest86で2枚刺しでテストをすると、Memtest86起動後3秒くらいで終了してしまう。ちなみに、一枚刺しならば大丈夫。で、Memtest86+だと2枚で丸1日でも動いている。

交換保証をつけたメモリを交換してもらう。
【メモリ】UMAX Pulsar DCDDR2-4GB-800(2GB×2、DDR2、800MHz)

【メモリ】CORSAIR TWIN2X4096-6400C5G(2GB×2、DDR2、800MHz)

症状は治まらない。

しかも、この時点でWindows XP Proで負荷のかかる動作をさせるとリセットがかかる。スーパーパイを走らせるとエラーで完走しないときがしばしば。リセットがかかる時もある。VMWareやVirtual PCで負荷がかかると落ちる。スーパーパイを複数起動させると落ちる。などなど動作が非常に不安定だった。

しょうがないので、今度は電源とマザーの相性、メモリコントローラまたはマザーの不具合や相性を想定してマザーボードとCPUを交換。ちなみに、AMDではメモリのコントローラーはノースブリッジではなくCPUにある。

で交換したM/BとCPUはネットで話題になっているPhenom X3 720 Black Edition。トリプルコアなのだがM/Bの設定を変更するだけでクアッドコア化してしまう。

続きを読む
posted by のら at 21:55| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月21日

転送速度比較とPUPPY LINUX

PCを自作したついでに、古いノートパソコンを復活させようと思う。でも、これってLANが10BASEなのだ。というわけで、CardBusのジャンクのLANカードUSB2.0LANアダプタでも買って来て通信速度の強化を仕様と思った。

PCMCIA CardBus TYPE I 132MB
USB USB2.0 480(60MB)      ←PCカード(CardBus)2000円
Ethernet 100BASE-TX 100(12.5M) ←PCカード(CardBus) 2000円、LAN EGG(USB2.0)2000円
PCMCIA PCカード(16bit) 5MB  
USB USB1.1 12(1.5MB)      ←USB-LAM(USB1.1、100BASE)
Ethernet 10BASE-T 10(1.25MB)  ←PCカード(10BASE)

で、実際にやったのだが、思ったよりも伸びない。

10BASETので繋いでいたときのせいぜい3倍。

やはり、速い通信をするには速いCPUも必要だ。とほほ。

当初は、Windows2000で運用するつりだった。

しかし、SP4をあてるとむちゃくちゃ重い。

しょうがないのでPUPPY LINUXでも使ってみようかと思っている。

Ubuntuでもいいのだが、PUPPYもむちゃくちゃ軽いそうだ。
posted by のら at 22:53| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月06日

Phenom X4で自作をした

自作してみたので、構成をさらします。

価格は各種割引とか、クーポンとかポイントとかタイムセールとか限定特価とかいろいろあるので価格は参考値。


続きを読む
ラベル:自作
posted by のら at 22:34| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月19日

奥行きの短いPCのケースをまた探してみた

自作をしようか、と思ってケースを探しています。奥行きの短いケースが少ないです。

できれば、420mm以下のケースを探している。できればATXに対応したケースがほしいのだが、なければマイクロATX対応でも構いません。


続きを読む
posted by のら at 21:35| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月16日

自作を考えているのだが...

たしか、2002年に組んだ自作機がぶっ壊れた。動作中にコンセントを抜いたような感じでいきなり落ちた。

たぶん、電源かマザーボードが逝かれたのだと思う。

念のため、電源を交換して動作の確認をするがマザーだったら諦めて新たに自作。

最近のトレンドからはすっかり取り残されているのだが、ためしに構成を考えてみた。

条件
PCI できれば2つ
PCIe 2.0 16 ×1
PS/2 2つ
マザーボードはファンレス
できればATXで奥行きの短いケース。
なければマイクロATXでもOK

メモリは現状DDR2でもDDR3でもいいが今後のことを考えるとDDR3が理想。

値が張っても(AMDでもINTELでも)CPUは65Wの低電圧版にする。

速度よりも安定性と静音性重視。


○AMDを使った場合
CPUは
Phenom X3 8450
が第一候補。

第二候補は
Phenom X4 9350

マザーは
GA-MA78GM-US2H
http://japan.internet.com/webtech/20090123/5.html

GA-MA78GPM-UD2H
http://journal.mycom.co.jp/news/2009/02/23/052/index.html

あたりを使いたい。

○intelの場合、

Core 2 Quad Q9550S
を狙う。

MSI G45M-FIDR

ps2×2
PCI×2
PCIe 2.0 16 ×1

と必須条件を満たす。


T-ZONEで全部そろえようかと思っている。

ケースは特に重要。マイクロATXのミニタワーならAntec NSK3480当たりを検討中。

まぁ、今度、実際に店頭に足を運んでみてみようと思う。最近はPCを組んでいないので、相性が出た時に検証するためのパーツがない。多少パーツを妥協しても、主要なパーツをそろえるのは同じ店で行う予定。

OSはWindows XP pro の予定。

その他
PCIスロットに冷却ファンを増設。現状、2スロットを占有するのが余っているがマイクロATXだったらワンスロットで済むものが理想か。

HDDには可能な限りファンを付ける。シャドウベイに風が当たりづらい構造だったら、5インチベイを一つつぶして5インチベイ要冷却ファン兼HDDマウンタを付ける。

フロントにファンが付けられなさそうでも、厚みの薄いファンなどで強引に取り付けを試みてみる。
posted by のら at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月15日

7年前のRADEON9500が不調なので10年前のG400に交換予定

AGPのRADEON9500が不調だ。

画面が揺れる。

一部、コンデンサが妊娠していたりする。

さすがに7年使っているから寿命と言えば寿命なのだが。というか、この自作機自体7年前に組んだから、いつぶっ壊れても不思議でもなんでもない。

しょうがないので、それ以前に使っているG400(32MB)でも使おうかと思っている。

まぁ、あれも画像は綺麗だし、Windows2000で2Dしか使わないし、なんとかなるだろう。

何かのついでで、ケースを開いた際に交換をする予定。

ちなみに、そのまえにダメ元でRADEON9500のRGBからの出力をやめて、DVIからRGBに変換してから出力を試みる予定。
posted by のら at 01:44| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月22日

のら好みのPCケース

AntecからNSK4000W。
ATXに対応していて、奥行きも420cmと短い。拡張ベイも5インチ×3、3.5インチ×2、3.5インチシャドウ×3と充分。0.8mm厚というのも嬉しい。

NSK4000 W/O PSUを以前こちらで紹介したが、それの後継機的な位置づけかね?
http://norait.seesaa.net/article/38990397.html

Antec、実売9,000円の静音PCケース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1219/antec.htm

で、もう一方は往年の横置きデスクトップのように設置できるケース。縦置きも出来るそうだ。

こちらは拡張スロットはロープロファイル。拡張ベイは5インチ×1、3.5インチ×1、3.5インチシャドウ×1。まあ、サイズを考えれば拡張性が低いのは仕方がない。

サイズは345×420×94となかなか魅力的。

スカイテック、300W電源搭載のデスクトップ型PCケース
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/1219/skytec.htm
posted by のら at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月29日

NODEN-313BS

NODEN-313BS

奥行きの短いケース。

W185×D412×H365mm

電源を前面に変則配置する。

5インチ×3 3.5インチ×1、3.5インチ内蔵×3とベイ数は十分。

すでにディスコン。
ラベル:ケース
posted by のら at 16:09| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。