2010年04月29日

Google Chromeで約500kb以上のファイルがダウンロードできない

しばらく前から症状が出ていたのだが、放っておいた。

で、さすがに気になったので調べてみたらどうやらユーザープロファイルが壊れているらしい。

Windows XPの場合: %USERPROFILE%\Local Settings\Application Data\Google\Chrome\

ここに入っている、Cacheを消したらまたファイルのダウンロードが出来るようになった。
posted by のら at 21:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月23日

ANTEC NSK1480の電源故障

ANTECの電源が壊れた。

NSK1480の付属電源を使っていた。まぁ、そこそこのメーカーなのでそこそこのものかと思っていたのだが、半年で不具合が出た。

続きを読む
posted by のら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月15日

NASに接続しているUSBのHDDが認識されなくなった

NASに接続しているUSBのHDDが認識されなくなってしまった。

今までもそういうことはあったのだが、何回か電源を入れているうちに認識されるようになっていた。

が、今回はそうはいかなかった。

いつまでたっても認識されない。

しょうがないので、いろいろ試してみた。

原因は....

USBHDDの電源コネクタからケーブルを分岐して強引に冷却ファンを付けていた(もちろん規定外の動作)。がこれが原因だった。今までは問題なく動作していたのだが、長い間使っているうちにHDDの要求する電力が上がってきたようだ。

で、ファンをはずしてみたら何事もなく動き出した。

HDD自体はモーター音がしているからまともだと思っていたのだが、そういうこともあるんだね。
posted by のら at 22:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月19日

Creative Zii Eggに興味津津

CreatvieのZii EGGが発表された。

これがなかなかすごそう。大きさは115mm×6mm2×12mmで重さは108g。

まぁ、サイズはいいとしてSDHCで容量を増加できる。

さらに、何と(カタログスペックでは)フルHD1920×1080 30FPSのH264の動画が再生できてしまうらしい。というか、これってすごいぞ。最近のPCでもローエンドではGPUの再生支援を使わないとH264はコマ落ちや音ズレが生じることもある。再生支援機能のないネットブックでは全く歯が立たないこともある。それがPMPでできてしまう。強力な動画再生機能の担保にNVIDIAのSoC、Tegraあたりを採用しているのだろうか?その辺がカタログなどから読めないのが残念。


さらには、OSにGoogleAndroidを採用している。つまりひょっとしたらスケジューラー、アドレス帳、TODOなどのPIMも利用できるかも?!

わたしは、今だにCLIE TH55を愛用している。iPodをPDAの代わりに使っていたこともあるのだが、PDAとしては機能不足だった。

iPhoneは悪くはないのだが、どうせ通信機能は使わないし。。。。

iPod TOUCHはカメラがないしボイスレコーダーとしても使えない。

CreativeのZii EGGはカメラも付いていて動作が撮影もできるらしい。動画が取れるということはボイスレコーダーもたぶん付いているだろう。

(サードバーティー製を含めて)PIMの完成度が高ければ買いたいかも。CLIEもMP3プレイヤー(iriver H340)ももうぼろくってね。

iriver H340は再生リスト上限の9999ファイルまで達してしまった。COWON O2を乗り換え先の最有力候補と考えたいた。

でも、CLIEとMP3プレイヤーと合わせてこれ一台でもいいんじゃね?そう思わせる説得力がある。

願わくば、ファイルの管理がフォルダ方式であることを。。。(今までプレイリスト型に慣れようかと思いつつ3機種で挫折をしている)

ヲチしているブログの関連エントリ
クリエイティブが従来の音楽プレーヤーを超越した「Zii」を発表、最大64GBの記録容量やHD動画再生機能、Android対応も
http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20090729_zii/

CREATIVE メモリプレーヤー ZEN X-Fi 16GB ZN-XF16G-BK
クリエイティブ・メディア (2008-07-10)
売り上げランキング: 9111
おすすめ度の平均: 4.0
4 管理ソフトが使えない
2 非常に使いにくいです。
2 充電に難あり
4 音質が良いね
5 ウォークマンからの乗り換え
posted by のら at 19:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月16日

COWON 02のSDカードポケット付きレザーケースが欲しい

&creativeCOWON O2が欲しい。

で、格好いいレザーケースも欲しい。ちなみに、COWON純正のO2用レザーケースもある。

デザインもそんなに悪くない。

でも、SDカードのポケットがないんだよね。
http://xigma.jp/04/th55/dx/img/2/b_f3.jpg
こんな感じで、予備のカードスロットがあればいいんだけど。。。純正レザーケースにはカード収納用のスロットはないみたい。

32GBも安くなったし、予備のカードスロットにSDカードを2枚入れて本体のととっかえひっかえ使えば。。。。32GB×3+本体のメモリが使える。

でどうせだめもとと思って、CLIE TH55とサイズを比較してみた。

COWON O2
外形寸法は73.4×119.5×18mm(縦×横×厚み)、重量は205

TH55
約幅73.3×高さ121.5×奥行き15.7mm

ほとんど同だぜ!

こんど、量販店にCLIEのケースだけ持っていって、はまるか試してみよう。

CLIE TH55は現役で使っている。だけど、COWONに使うとなればCLIE用にはHTT スリムケース for CLIE TH55 Type II(横型)あたりを新規で購入してもいい。というか、まだ通販で在庫があるって、スゴい。

で、量販店でCLIE TH55のケースが使えたら、COWON 02を買ってHTTのケースを注文してみようと思っている。

8月22日(土)追記続きを読む
posted by のら at 21:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

GA-K8VT890-9にRADEON HD3450を載せてみた

Athlon64 3000+(1800 MHz)にGA-K8VT890-9(OSはWindows 2000)という4年ほど前の構成のPCが未だ現役でがんばっている。

とはいっても、最近1920×1080の動画再生がしんどくなるなど老朽化は否めない。

そうしたら、偶然知人からRADEON HD3450(1年前のローエンド)256MBをもらうことになった。

ちなみに今まで使っていたのはGeForce6600 128MB。5年前のミドルクラスだ。

まぁ、RADEON HD3450のほうが動画再生支援は強力だと思う。動画再生支援を使うと今まで手こずっていたフルHDの再生もできた。さすがにさくさくとか、楽々、と言うわけにはいかないが、とりあえずCPU使用率を100%にしつつもなんとか再生できている。

RADEON HD3450はそのままだとWindows 2000では使えない。サポートしているのがWindows XP/VISTAのみだ。

とはいっても、インストール時に細工をしたり、改造ドライバを使えば動かせないことはない。

http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/archives/571484.html

これで、Athlon64 3000+機も2年は延命ができたと思う。

で、その後はこのRADEON HD3450は790GXマザーでCrossFireXにでもしようかと思っている。
posted by のら at 18:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月20日

COWON O2 32GB(O2-32G-WH)が欲しい

COWON O2 32GB(O2-32G-WH)が欲しい。
がまだ迷っている。

気に入らない点。

●内外価格差が大きい。北米に比べて1.5倍の価格。

●本体32GB、SDHC32GBを足しても64GB。

●リモコンがない。

どうせだったら、例年9月頃に発表になるiPod touchが出てから考えたいと思っている。iPod touchの64GB版が出たらひょっとしたらCreativeCOWONも対抗馬を投入してくるかも?

あるいはSDHC対応製品が出るまで待つか。。。

手持ちの同人音楽などがけっこうな量があって64GBだと、ほとんど空きがでない、ってのは泣き所だ。

出来ることなら、SDHCを頻繁に抜き差ししての運用というのはしたくない。面倒臭いからね。

CREATIVEのZEN x-fi 32GBや北米版COWON O2 32GBのように2万円台前半で購入できるのだったらお試しでかってみるってのもアリだと思う。

が3万円台だとちょっと一か八かで買う気にはなれない。

ZENみたいに価格改訂しないかね。
posted by のら at 01:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月19日

K10stat(Phenom2 720BE)を夏仕様にしてみた。

■CPU 720BE 4コア化
■M/B GA-MA790GP-UD4H
■BIOS F1
■BIOS default値の変更
・CnQ Disable
(電圧・倍率等はAuto)
■コマンドラインオプション
-unlimit -lp:1 -mp:3 -ut:3 -dt:20 -clkctrl:2 -nw -StayOnTray
■P-state設定値
core0 core1 core2 core3 CPU NB up% dowm%
3000 3000 3000 3000 1.3125 1.1375 --- 93%
2800 2800 2800 2800 1.2875 1.1250 98% 45%
2200 2200 2200 2200 1.1625 1.1250 60% 30%
1600 1600 1600 1600 1.0125 1.1125 85%
up300ms down2500ms

気温が上がったせいか、突然リセットがかかることが一週間に1回くらい出てきたんで、安定性をあげてみる。
posted by のら at 17:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

サードパーティ製ユティリティK10statを入れてみようか。。。

懲りずにCool'n'Quiet(CnQ)をオンにして音楽再生をさせてみた。

GIGABYTEのM/BユティリティEASY TUNE6はアンインストール済み)。

光デジタル出力でヘッドフォンを使うとやはりノイズが気になる。

しかし、スピーカから適当に聞き流す程度だと気にならない。

まぁ、いずれにしてもDVDとか視聴するときはヘッドフォンも使ったりするので、CnQオンは現実的ではないな。

というわけで、ソリューションを考えてみた。
続きを読む
posted by のら at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

ファイルの同期について

サブマシンが壊れた。新しくPhenome2 720BEのパソコンを自作した。

でも、以前のメインマシンーンも新サブマシーンとして以前現役。

で、問題になるのがサブとメインのファイルの同期。
続きを読む
posted by のら at 01:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月07日

GA-MA790GP-UD4HとPhenom 2 720BEのクアッドコア化、コールドブート成功

いろいろ試しているうちにコールドブート出来るようになった。

ちなみに、使用している電源はANTECEA-380

GA-MA790GP-UD4HPhenom 2 720BEの環境で(電源を一度抜かず)コールドブートさせる方法。

1.スイッチを押しながら。
2.リセットボタンを2、3回押す。
3.リセットボタンを押したら、スイッチからも手を離す。

要は、スイッチ押しながらリセットボタンを数回押すんだね。

これで、ほぼ100%コールドブートに成功するようになった。

その後、いろいろ試してみた。

スイッチを押した直後にリセットを素早く数回押してもコールドブートに成功した。こちらのほうがより簡単。

でも、念のため手元に電源ケーブルから延長したスイッチも付けてある。
posted by のら at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月10日

AMDのマザーボードのBIOSアップデート

GA-MA790GP-UD4Hと720BEの組み合わせなのだが、ABITのRAIDカードHOTROD 100を挿している。コールドブートさせるとIDE2のSamsungのHDD、SV1204がRAIDカードのBIOSから認識されない。(RAID機能は殺している)

リセットボタンを押して再度起動させるとちゃんと全てのHDDを認識する。

で、しょうがないので、BUFFALOのIFC-AT100にRAIDカードを挿してみた。

やはり症状は同じ。

いろいろ接続方法を変えた。コールドブートさせたときはHDDをインターフェースカードのBIOS上で一部のHDDのみ正常に認識する。HDD4台のうちプライマリ、またはセカンダリのみ認識するのだ(認識するチャンネルやHDDは毎回同じ)。

ちなみに、Windowsからはちゃんと見えている。

しょうがないので、そのまま利用中。

ちなみに、このマザーBIOSがまだ荒削りなところがある。

例えば、Phenom 720BEもクアッドコア化させてからだとコールドブートに失敗する。電源を引っこ抜いて完全に放電させてやるとちゃんとブートできる。

でも、BIOSのアップデートはしない予定。

クアッドコア化の裏ワザは何れGIGABYTE等のマザーボードメーカーも対策をして来るだろう。というか、クアッドコア化出来てしまうのが異常なのだから正常になるはずだ。正常になったら裏ワザでのクアッドコア化は出来なくなる(可能性が高い)。
posted by のら at 00:50| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月09日

気に入るスリムタワーのケースがない

ケース

うちで使っているマイクロATXのPCはP4の2.8Ghz。チップセットはintel 865G。

そろそろ、いつ壊れてもおかしくないかもしれない。

というわけで、ケースをちょっと検討してみた。

というか、私は、ケースから検討する。将来の拡張とかを考えると、ケースに制約されることは驚くほど多い。ケースを決めてマザーを決めて。。。って順番で組むことも少なくない。

TORIKAのCSM250-1007Bと言うヤツを今は使っている。

小さい(384x135x354mm)ながら、ドライブベイが豊富。

ドライブベイ数:1x5.25インチ+1x3.5インチFDD及び2 X 3.5インチHDD+2X2.5 インチHDD

その分ややうるさめだそうだ。

でも、コレももう販売終了してしまっている。というか、TORIKA(東海理化販売)自体PC周辺機器から撤退してしまった。

というわけで、今の候補となると
OWL-PCBM-01(B)/300II(このケース、型番は違うけど元になったバージョンは6年くらい前から売られている気がする)
【台数限定!】電源300W 前面USB2.0 X 2 IEEE X 1 上面6cmFAN X1 背面6cmFAN X1 オウルテック・オリジナル SFX 300W 電源搭載ATX, MicroATX対応 ブラック

IW-BL631BS/300(R)
【送料無料】【送料無料】IW-BL631BS/300(R) IW-BL631BS/300 (R) (ブラック&シルバー) : ユーエーシー

NSK1480
AntecPCケース NSK1480

UACC-T106
あたり。

あえて、今のCSM250-1007Bから交換する必要を感じない。電源だけ交換すれば良いか。。
以前は
NS-300TN
とか、結構面白い製品もあったのに最近は面白いマイクロATXのケースが減ってきた気がする。というか、ぐっと来るものがない。

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2005/0712/links.htm

http://f34.aaa.livedoor.jp/~ksgeek/pukiwiki2/pukiwiki.php?%A5%D5%A5%A9%A1%BC%A5%E0%A5%D5%A5%A1%A5%AF%A5%BF%CA%CC#content_1_8
posted by のら at 23:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月08日

HDD冷却用フロントファンの回収予定

AOpenのHX-08というケースが気に入っているので使っている。

P3時代のケースでパッシブダクトもない。しかし、奥行きが短く設置スペースの少ないケースというのは今では非常に少なく貴重だ。

オークションなどでもう一つぐらい入手しておきたいのだがなかなか見かける機会もない。だから手を加えつつも長く使いたいと思っている。

で、このケースなのだが3.5インチベイとフロントパネルとの間のすきまが狭い。まぁ、HDDの排熱が今ほど多い時代のケースではなかったから自然換気を前提としている部分も多々あるわけだが。。。
続きを読む
posted by のら at 00:26| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月23日

自作ではまったので俺的メモ

メモリーが不良?相性?で2枚差すと途中で落ちてしまう。

1枚だと、memtest86は2周程度完走。

しかし、メモリを2枚差すと5秒くらいで、リセットがかかったようになり落ちる。

負荷のかかる作業をしていても、二枚刺しの状態だとフリーズしたり、リセットがかかる。

ちなみに、メモリスロットはどのスロットに刺しても同様(ちなみにこのマザーはBIOSからunganged modeしか選択できない)。

しょうがないのでツクモのサポートに電話してみた。


続きを読む
posted by のら at 22:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月14日

さようならipod nano、こんにちはCLIE TH55

私はクリエの、Palmのファンでした。いえ、今でもファンです。

で、友達もいないので、携帯電話は持っていません。

そんなわたしはスケジュール管理にCLIE TH55を使っていたのですがSONYはPalmから撤退。他社も続々と撤退。挙句、Pocket PCも壊滅状態。

そんなわけで、いつまでも泥船に乗っているわけにもいきません。
続きを読む
posted by のら at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

独学で極めるカナル型ヘッドフォン

SONY MDR-EX90SLは音がいい。しかし、音漏れの点から選考から外さざるを得なくなった事を前回書いた。


新・萌えるヘッドホン読本
岩井 喬
白夜書房 (2008-06-25)
売り上げランキング: 328
おすすめ度の平均: 5.0
5 萌えるだけじゃないですね
5 良いレビュー本だと思います
3 表紙負け
5 密度が高いです。
5 クリエイター精神に拍手!(そして転売屋に鉄槌を…


その後の選考過程について。
続きを読む
posted by のら at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月27日

マスコミが絶対に書かないカナル型ヘッドフォンの真実

今までSHURE E2C-Jを使っていたのだがハウジング部分が崩壊してしまった。おそらく長時間使ったからだろう。3年くらい使っていた。

リリーフでゼンハンザーMX500を使っている。

このヘッドフォンも悪くない。しかし、じっくり楽しむには少し物足りないし荒削りな点も目立つ。

新しいヘッドフォンを検討している。

で、話題の本を買って検討してみた。

新・萌えるヘッドホン読本
岩井 喬
白夜書房 (2008-06-25)
売り上げランキング: 328
おすすめ度の平均: 5.0
5 萌えるだけじゃないですね
5 良いレビュー本だと思います
3 表紙負け
5 密度が高いです。
5 クリエイター精神に拍手!(そして転売屋に鉄槌を…


同人誌で分冊の形で出したが、あっという間に売り切れてしまい正規の流通ルートに乗ることになった、という曰く付きの本だ。続きを読む
ラベル:ヘッドフォン
posted by のら at 00:52| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年08月03日

VICTORINOX(ビクトリノックス)のサイバーツール

VICTORINOX(ビクトリノックス)のサイバーツールは私の愛用の一品です。

とりあえず持っているだけで、自己満足度が上がります。

で、いざというときには結構頼りになります。

出先でノートパソコンに水をこぼしたときはこいつを使って急いで分解して水を抜きました。職場のパソコンが調子悪くなったときにとりあえずバラして中の確認もできます。

おもちゃの修理などでも役に立ちます。

VICTORINOX(ビクトリノックス) サイバーツール 17725T
VICTORINOX(ビクトリノックス) サイバーツール 17725T


難点は。。。。
ちょっと値段が高いこと。
34ツールはやや多く、グリップが厚い。握りづらい。


ツール数を減らして(29ツール)握りを薄くして価格を下げたものも購入したいと思っています。


頻繁に使うツールはこちらで十分そうです。薄い、軽い、安いと三拍子そろっています。携帯性を考えると思い切った割り切りは大切です。

私が購入したころサイバーツール29はまだ発売されていませんでした。

とにかく、重装備がいい!!!というひとはサイバーツール41なんてのもあります。所有欲を満たしてくれると思います。実用性の点からはあまり薦められません。



ビクトリノックスをケータイしよう
http://k-tai.impress.co.jp/cda/article/toys/3077.html
posted by のら at 00:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月19日

ポータブルHDDプレイヤー

のらはiRiverのポータブルオーディオプレイヤーH340を使っています。

プレイリスト形式ではなく、フォルダ形式で管理が出来るので非常に気に入っています。
かつては、フォルダ管理型が主だった気がします。iRiverのH340やH320、H120、H140がそうです。

iAudioのM3もフォルダ形式です。gigabeatもフォルダ形式でした。

iPodが市場に受け入れられるとプレイリスト形式が主流となってきました。

どうもわたしのようなフォルダ管理に慣れ親しんだ身には生き辛い世の中になってきました。

OSとしてWindows Portable Media Centerを採用している機体(gigabeat SやCreative Zen)もプレイリスト管理です。

iPodはiTuneとの関連が密接な分、iTune以外のプレイヤーソフトを使いたい身にはちょっと敬遠したい。。。。

gigabeatのHDD型も最近、新型が発表されずどうもやる気を感じません。

そうすると、もし、今使っているH340(80GBに換装)が壊れたら、引越し先はCreative Zen ZEN VISION:Mかなぁ、とか思っています。
ラベル:MP3 ipod iriver Creative Zen
posted by のら at 01:03| Comment(6) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月17日

Santa Rosa搭載のモバイルノート、MGとY7

結局、Santa Rosa搭載で、チップセットが965GMなのはFMV-BIBLO MG70WNとLet'snote Y7で今季は打ち止めって感じですね。

LOOX TやVaio Type Tは来期以降になるのでしょうか?

BIBLO MGは314(幅)×234(奥行き)×22.4〜31.5(高さ)ミリ、1280×800ドット(WXGA)1.58kg。厚みがあまりないのはうれしいです。

WXGAの画面はXGAに比べて1.3倍の広さ。

120GBのHDD(おそらく2.5インチHDDなので換装も容易です)、Core2Duo T7300も魅力的です。

メモリは最大2GBでデュアルチャンネルでも駆動できるようです。

バッテリ駆動時間はマルチベイ増設用バッテリを付けても8.7時間、標準バッテリでは6.5時間とやや短めです。他社を意識して筐体の剛性などにも配慮がされているようです。


Let'snote Y7はCore 2 Duo L7300(1.40GHz)、チップセットは965GM、14.1インチ液晶(SXGA+ 1400×1050)。XGAの1.8倍の情報量だ。カスタムメイドでWindows VISTA Bussinessを選択できるのはうれしい。それ以外もカスタムメイドで160GBのHDD、1GBのRAM(最大2GB)が選択できます。私の好みで見積もってみたら30万近くになりました。

重さ1.51kg、サイズ309x245x28〜44.5ミリ。

バッテリ駆動時間は7.5時間。

カタログスペックだけ見ると、Let's Note Y7が良さそう。。。

どちらも、A4サイズを超えるB4に近いサイズです。

私の愛用のかばんに入れるとなるとむき出しか薄いインナーケースに入れればぎりぎりで入る大きさです。つまり、モバイルノートとしては双方ともかなりでかい。
posted by のら at 22:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年05月04日

グーグル・アマゾン化する社会

グーグルやアマゾンをはじめとしたWeb2.0が社会にもたらした、もたらしつつあつ変化を解説しています。

これらのWEBサイトが既に、インフラとしての地位を確立しつつあること、また利用者を意識的か無意識かを問わず巻き込む仕掛けが多数用意されていることを解説しております。

一方で、アマゾンやグーグルでは検索履歴が履歴として残されます。

アマゾンでは検索履歴の結果、似たような消費傾向の利用者の情報からかなり的確にお勧めが表示されます。

本書ではこうした個々人をノード、集団・集合等をクラスタと捉えたり、ハブ・アンド・スポークシステムに捉えようとしています。似たようなノード(個人)を接続するクラスタ(集団)は利便性を提供する一方で、閉塞する可能性をも内包しています。

たとえば、アマゾンの検索履歴は利便性を提供してくれます。しかし、今までまったく興味がなかった商品や知識への偶発的な出会いを奪う傾向もあります。

アマゾンは実際の店頭ではほとんど動かない商品、残り2割の商品(ロングテール)に着目して売り上げを伸ばしたそうです。しかし、結果として各々のクラスタは閉鎖性をもってしまっているのはアイロニックです。。

私自身も、従来はアマゾンの便利さに惚れ込んでいました。しかし、現在は似たような商品がそろってしまう傾向を感じています。

だから、大きな書店に行く機会があるときはなるべく店内を散策して新たなる本や興味との出会いを持つようにしています。

グーグル・アマゾン化する社会
グーグル・アマゾン化する社会森 健


おすすめ平均 star
star情報社会と人間のありかたについて(;'Д`)ハァハァ
star内容は多義に亘るがポイントは一つ
star最後2,3章には考えさせられるものがあった
star情報化社会を掴むには良い
starグーグルとアマゾンに「何かあったの」の初歩向け

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

ラベル:google Amazon
posted by のら at 12:14| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。