2007年06月30日

LOOX U(またはLIFEBOOK U(型番:FMV-U8240)

LOOX U(またはLIFEBOOK U(型番:FMV-U8240)欲しいです。

今のパソコンもぼろくなったし。。。。

XPで動かすには十分なスペックです。

というか、VISTAでもDirectX10をバリバリ動かさない限りはなんとかいけるかな?というか、今あるノートでオンチップのGPUでDirectX10がバリバリ動く機体ってないでしょ。
一応、気になっている点を富士通に確認しました。

○ストラップを通すような穴はある?

富士通に電話して確認してもらいました。ストラップを通すような穴はない。盗難防止用の穴もない。

○プライバシーフィルタを貼っても、スタイラスで操作は出来る?

保護フィルムが標準で付属してくる。市販のプライバシーフィルムを貼ってペンデバイスで操作できるかに関しては動作の保証外。動作する可能性が高いのではないか?

○液晶は光沢?

スーパーファイン。グレア。つまり光沢はある。

○折りたたんだ状態でのデモの写真は縦長画面になっているが、横長でも使えるの?

ヒンジ部のボタンで画面の縦表示、横表示は一瞬で切替可能。

○外部モニタにつないだときの最大解像度は?カタログだと1280×1024になっている。でも、インテルの情報では945G(945GUではない)は2048×1536となっている。サポートはしないが使えるということ?

外部ディスプレイでの動作保証はSXGAまで。設定等の変更で動作するかもしれないが保証対象外。

○ショールーム、展示会の有無。
プレスリリースでは小売店での販売も検討している、となっているが現時点では詳細未定。

だそうです。

intelがUMPCに熱心になったとはいえ、このクラスのPCってブームが過ぎると次のブームまで数年のスパンがあったりします。

また、ハードとソフトが熟成されている時期が上手く合致しないと不満を感じたりします。

Windows XPという枯れたハードと充分実績があるDothanコアの小型版としてのA110、チップセットとしての945GUという構成。これらはタイミング的にはWindows XPが爛熟している時期でありにも、Dothanコアや945GUも技術的に成熟しています。

決して悪い時期ではないと思います。

もう少し、時期的に未来になるとWindows XPの出荷は難しくなります。マイクロソフトもいつまで出荷するか分かったもんじゃないですし、多くの消費者が新しいOSを渇望したりします。

最新のOSを枯れたハードで無理して動かさなくてはならなくなるかもしれません。

というか、VISTAにハードが追いつくにはもう少し時間が必要です。

つまり、この手のパソコンは欲しくなったからといって常にマーケットにものがある、というわけにはいかないのです。

Libretto然り、VAIO U然り。。。

LOOX U買っちゃおうかなぁ。。。。

富士通「LOOX U」開発者インタビュー
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0620/mobile383.htm

Low Power IAプラットフォームの未来
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0416/ubiq184.htm

ノートPCのさらなる小型化が可能なMontevinaプラットフォーム
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2007/0418/ubiq186.htm

富士通 LOOX U50WN/LIFEBOOK U8240に関する暫定まとめサイト
http://www35.atwiki.jp/8240user/


posted by のら at 01:41| Comment(0) | TrackBack(0) | ノートパソコン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。