2010年07月24日

厚さでCPUが悲鳴。k10stat設定変更。

連日、35度を超える猛暑が続いている。

エアコンはあまり使わない人なのだが、クアッドコア化して運用しているPhenom2 720BEが悲鳴を上げ始めた。

ほぼ毎日、帰宅してエアコンを付けずに運用していると、30分ほどしてフリーズしてしまうのだ。

仕方ないのでクアッドコア化を中止。本来のトリプルコアで運用しつつk10statの設定を変更した。

とは言っても、今まで最高のクロックを3,000Mhzにしていたのを3,200Mhzに変更しただけ。

コア数が減った分を最高クロックで補ってみる。

これでも安定しなかったら最高クロックをさらに下げる必要がある。

2009年の夏はこの設定でもそれほど問題なかったのだが。。。

夏が暑いから突然リセットがかかるようになったのか?あるいはCPU自体が定格外のクアッドコア化でくたびれてきたのか?よく分からない。

コアが一個減ったCPUのステイタスモニターがちょっと寂しい。
【関連する記事】
posted by のら at 15:37| Comment(0) | TrackBack(0) | ユティリティ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/157296274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。