2010年04月23日

ANTEC NSK1480の電源故障

ANTECの電源が壊れた。

NSK1480の付属電源を使っていた。まぁ、そこそこのメーカーなのでそこそこのものかと思っていたのだが、半年で不具合が出た。

電源がスイッチのオンオフを認識できず常にオンになってしまう。コンセントを刺し通電させると(スイッチを押していないのに)すぐにケースファン等が回転し始める。以下は症状の詳細。

1.電源が切れない。OSシャットダウン完了後もケースファン等の各種ファンが回り続ける(OS自体は正常に終了できる)。
2.コンセントを刺しただけでスイッチを押していないのにファンが回り始める(スイッチを押すまではBIOSは立ち上がらずファンやHDDなどが回転している。スイッチを押すとBIOSが立ち上がりOSが起動プロセスに入る。)
3.マザーボード、CPUを外した状態で電源にファンを接続し、コンセントを刺す(スイッチを押していないのに)とケースファンが回り始める。

再現率はほぼ100%。なお、上記の症状はマザーボードのBIOSの初期化も試みましたが同様の症状が出ている。

時間をみて、修理の持ち込みをしたいと思っている。
posted by のら at 23:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。