2009年10月20日

ヘッドフォン少女画報

新・萌えるヘッドホン読本」の続編的な本。

ほぼ同じ評価の方法をしているので、前作になじんでいる人にはわかりやすい。

私も、個別のヘッドフォンのレビューは今までも見てきたけど、たくさん並べて違いをレビューしたものって見たことがなかったので新鮮でした。

前作よりもより絵師と絵を前面に押し出したつくりになっています。

一般的な製品は前作である程度やってしまったので新鮮味はちょっと減ってしまったかも。その分、骨伝導のヘッドフォン(AUDIO BONE AQUA)とか、よりマニアックな製品が増えた気がします


ヘッドフォン少女画報

学習研究社
売り上げランキング: 2860
おすすめ度の平均: 3.5
3 問題は・・・・
5 ビジュアルに拘った今作
4 多岐にわたるヘッドホンレビュー
3 機器のレビューよりも、画集の要素にもっと傾倒すべきと思う
3 ヘッドホンのラインナップがイマイチ

posted by のら at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。