2009年02月14日

さようならipod nano、こんにちはCLIE TH55

私はクリエの、Palmのファンでした。いえ、今でもファンです。

で、友達もいないので、携帯電話は持っていません。

そんなわたしはスケジュール管理にCLIE TH55を使っていたのですがSONYはPalmから撤退。他社も続々と撤退。挙句、Pocket PCも壊滅状態。

そんなわけで、いつまでも泥船に乗っているわけにもいきません。
で考えたのがiPod nanoのPDA化。
iPod nanoで閲覧。
出先でグーグルへのアクセスを記録に残したくないところではmozillaSunbird(Portable)をUSBメモリに入れてスケジュール入力。
mozillaSunbirdを自宅でGoogleカレンダーと同期。
母艦でiPodcalsyncを使いiPodとGoogleカレンダーを同期。

という非常にまどろっこしい方法をとることにしました。

というか、iPod nanoをPDA的に使って、出先でネットの痕跡を残さず、USBメモリと同期するにはこれくらいしか方法が見出せませんでした。

でも、もう疲れました。疲れるだけならいいのですが、会議の予定をうっかり忘れていたり、同期が失敗していたり。。。。

CLIEはそのたびごとにアラームを鳴らしたりしてくれて、予定をすっぽかすなんてことはなかったのです。しかし、iPod nanoをPDAとして使い始めてからリーマン生活に支障が出てきました。

いつでも、さっと使えて、ボイスレコーダーにも、カメラにもなり、なぐり書きのメモも取れるCLIEは素晴らしい。Palmは素晴らしい。

かろうじて閲覧のみができるiPod nanoにCLIE TH55の代役は厳しすぎました。

新たに発売されるPDAにGeekが熱狂する時代はとっくに終わってします。でも、もう一度CLIEに帰ることにしました。

CLIE TH55はいまだにネットーオークションで1万円以上で取引されている名機です。

あまり注目されていませんが1枚板、カメラ、mp3、etcと設計思想はiPhoneに近い機体です。というか、ほとんど一緒。ただ、売られ方がiPhoneは電話として、CLIEはPDAとして売られた、という違いです。

電話として売られたiPhoneはヒットしました。悲しいことに、PDAというジャンルは多くの人に理解されることなく崩壊しました。マスマーケットの消費者の半歩先を行く製品は理解されヒットします。でも、二歩も三歩も先を行く製品というのは多くのユーザーに理解されず衰退してしまうことも多くあります。

もっとも技術や設計思想のDNAは携帯電話やデジカメやmp3プレイヤーに受け継がれていっているんでしょう。

次に移行を検討するとしたら、iPhoneiPod touchかもしれません。

でも、当面はCLIE TH55とよりを戻してまた仲良くやっていこうと思います。

もちろんiPodは使います。ただのMP3プレイヤーとして。


ヲチしたブログの関連エントリ
iPhone 3GとCLIE TH55を比較してみた - 手帳と書斎とパソコンの深い森で
http://blog.ohzapper.com/2008/10/12/002310.html
さわじぃのつぶやき: さらばCLIE、代替はiPhone
http://black8.way-nifty.com/monologue/2008/11/CLIEiPhone-d790.html
iPod touchみたいなCLIE TH55 - 真花の雑記帳
http://d.hatena.ne.jp/mica/20081009/p1
posted by のら at 09:41| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
私のブログの引用、ありがとうございます。

私もTH55は名機だと思います。Palm OSのPDAはIBMのC3、SONYのNX70に続いて3台目でしたが、TH55はPDAとしては完成形と言ってもいいものだったと思います。

私もいつでも戻れるように手元にTH55は残しています。今のところiPhone+さいすけ(Googleカレンダー同期)に何の不満もありませんが、この満足感のベースはTH55と比べて感じていることは間違いありません。

クルマでいうところのハチロク(分からなかったらすみません)のように、何十年経っても現役というような端末になるかもしれませんね。
Posted by さわじぃ at 2009年02月14日 10:33
はじめまして。さわじぃさん。

私はT600Cを長らく愛用していました。

私的にはSONYのクラムシェル型のCLIEシリーズはイマイチ食指が動かず、傷だらけのT600Cを使っていました。

CLIEの海外撤退を知り、イヤな予感がしてT600Cに設計思想が近いTH55を購入。

バッテリを一度交換しました。

Palmデスクトップがいつまで使えるか、とか不安要素はいろいろあるのですが、Windows XP環境では動いているので、当分はなんとかなるかな?

やはり、引っ越し先はiPhone、というのが妥当なところなのですかね。。。
Posted by のら at 2009年02月14日 11:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。