2009年06月01日

GA-MA790GP-UD4HのオンボードサウンドRealtek ALC889Aのプチノイズがひどい

GA-MA790GP-UD4Hなのだが、時計が遅れる。まぁ、これはいい。時刻の同期のタイミングを短く設定すれば対応できる問題だ。

問題はmp3などの音楽の再生。や動画再生。

ノイズが乗りまくる。MP3の再生にもたつくことがある。ちなみに、光デジタルで接続している。

4分の曲が4分3秒くらいかかって再生される。CBRでエンコードしてある曲は比較的軽症。VBRでエンコードしてある曲が重傷な傾向があるようだ。またビットレートが高いほうがノイズがひどい傾向があるようだ。

参った。

一度気になりだすと、耳がノイズを探してしまうのだ。

で、また情報にあたってみる。
続きを読む
posted by のら at 23:52| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月03日

GA-MA790GP-UD4Hのノイズ対策実験結果

GA-MA790GP-UD4Hノイズ対策実験結果

1.CPUファンコントロールBIOSでDisableに(常にフル回転)
ファンが速度を帰る際にノイズを拾っているかも知れない、という疑惑から実行。→解決せず。

新たに確認したこと。
サウンドボードからアナログ出力しても、光デジタルで出力してもノイズは乗る。
つまり、オンボードのチップのD/A変換やスピーカのD/A変換に問題があるわけではない。→ここからは推測なのだが、D/A変換のさらに上流に問題があるとしたら、オンボードのサウンドに変えても問題が解決しない可能性がある。

2.PCI Latency Timer(CLK)をデフォルト32から128に変更。
効果なし。デフォルト32に戻す。

3.サウンドドライバの設定をいじってみる。
特に設定すべき箇所が見あたらない。

4.Cool'n'Quietを切ってみる。
若干減った気もするが、劇的な効果はなし。

5.Cool'n'Quietを切ってみる。さらに、GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERを切ってみる。→ノイズが消える。
ちなみに、EASY ENERGY SAVERはマザーボードの電力をカットするユティリティ。
EASY ENERGY SAVERのスイッチをオン、かつ、 EASY ENERGY SAVERのDynamic Frequencyをオンでノイズが入ることを突き止める。

6.Cool'n'Quietオフ、EASY ENERGY SAVERオン、EASY ENERGY SAVER Dynamic Frequencyをオフ。→ノイズなし。

7.Cool'n'Quietをオン。GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERをオン(Dynamic Frequencyはオフ)。→ノイズが入る。

8.Cool'n'Quietをオン。GIGABYTEのユティリティEASY ENERGY SAVERをオフ。→ノイズが入る。7.より多少まし、って程度。

要は、EASY ENERGY SAVERにしても、Cool'n'QuietにしてもCPUのクロック(または電圧)を変えた際に、ノイズを拾うようだ。アナログで出力すると若干減るようにも感じるが多分、他のノイズも拾っていて今回問題しているプチノイズが目立たなくなっているだけのように思う。

というわけで、ノイズ対策の結論は出た。
6.Cool'n'Quietオフ、EASY ENERGY SAVERオン、EASY ENERGY SAVER Dynamic Frequencyをオフ。で当面運用してみようと思う。

効果絶大な、Cool'n'Quiett諦めるのは非常に惜しいのだが。。。
posted by のら at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月04日

Cool'n'Quietをオンにしてノイズを消す方法

掲示板などで確認していたところ、GIGABYTEのM/BユティリティEASY TUNE6が悪さをしてるらしい。ET6使用時のノイズはDPC Latencyが増えるのが問題だそうだ(正直????。
で、ET6をWindowsの起動時に常駐させないように設定する(タスクトレイに出さない)。EASY SAVERはオンにしても良いが、「Dynamic Voltage Dynamic Frequency」はオフにしておく。

この設定だと、Cool'n'Quietをオンにしてもノイズがほとんど気にならないレベルになる。もちろんCool'n'Quietでクロック数を落としているので、極まれに「あ、今、ノイズが入った」「微妙に音楽の再生がずれた」と言うことはあることはある。しかし、聞くに堪えないほどではない。

1.Cool'n'Quietをオフ。フルパワーで運用するとさらにノイズのレベルは低減する。というか、ほとんど分からない。ただし、CPUはアイドル時でも常時65w程度消費。

2.Cool'n'Quietをオンにする。CPUの消費電力はアイドル時最低で16Wくらいまで絞れるがまれにノイズが乗る。

この選択は好みで選んで良いのではないだろうか。

ちなみに、当面は2.で使ってみようと思っている。納得がいかなければ1.に戻す。ちなみに、クアッドコア化しての運用。

追記:その後、やはり多少とは言えノイズが気になるのでCool'n'Quietをオフにすることにした。
posted by のら at 02:33| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

サードパーティ製ユティリティK10statを入れてみようか。。。

懲りずにCool'n'Quiet(CnQ)をオンにして音楽再生をさせてみた。

GIGABYTEのM/BユティリティEASY TUNE6はアンインストール済み)。

光デジタル出力でヘッドフォンを使うとやはりノイズが気になる。

しかし、スピーカから適当に聞き流す程度だと気にならない。

まぁ、いずれにしてもDVDとか視聴するときはヘッドフォンも使ったりするので、CnQオンは現実的ではないな。

というわけで、ソリューションを考えてみた。
続きを読む
posted by のら at 00:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月14日

Phenom2 720BEでK10stat

Phenom II 720 Black EditionでK10statを使って、低電圧化とオーバークロックに挑戦してみた(ちなみに、全てクアッドコア化)。

続きを読む
posted by のら at 16:42| Comment(0) | TrackBack(0) | PCパーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
※ご注意 当ブログ及びリンク先、広告の記載内容等に当方は一切責任を負いません。ご自身の責任においてご利用、ご確認ください。

※個別のご質問にはお答えできない場合があります

※リンクはご自由にどうぞ。コメント、トラックバックは内容やリンク先を確認させていただいております。掲載できない場合もありますがご了承ください
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。